収益物件はジックリ選び抜こう|必ず儲かるカラクリを紹介

マンション

留守宅を賃貸として活用

電卓

リロケーションは手間をかけることなく収入を得られる方法として人気となっています。ですが、自身の部屋や建物であっても契約期間内であれば戻ることが出来ませんので、貸し出す際には留守にする期間をしっかりと把握をして貸し出すようにしましょう。

More...

副業

パーキングエリア

これから副業を始めたいと考えている人におすすめなのが、駐車場ビジネスです。まずは、施工業者に問い合わせをして、どのようにして駐車場ビジネスを始めればよいのかを確認してください。施工スケジュールや費用について詳しく教えてくれます。

More...

管理会社と契約を結ぶ効果

マンション

管理会社とサブリース契約を結ぶことで、空室が出た時に家賃を保証してくれるなどのサービスが受けられるので、安定して賃貸経営を行なうことが出来ます。少子化によって入居者が減った時も、礼金や敷金をゼロにして集客ができます。

More...

手間をかけずに運用しよう

住宅

給料とは別に安定収入を得る方法として、中古ワンルームマンションや1棟アパートなどの収益物件を保有することは非常に有効です。なぜならば、不動産は株式とは異なり、価値がゼロになることがないうえに、他人に貸すことで家賃収入が発生するからです。但し、中古ワンルームマンションや1棟アパートのような実物不動産の場合、その管理もいろいろとあります。月々のメンテナンスはもちろんのこと、10年から15年に1度の大規模修繕工事、給排水設備の入れ替え工事等、年が経つにつれて煩わしさも増えてきます。このような煩わしさを排除して不動産投資をしたいと考えているのであれば、実物の収益物件を購入するよりも上場不動産投資信託に投資をすることをお勧めします。

上場不動産投資信託とは、株式市場で取引されている投資商品であり、簡単にいえば、不動産投資を証券化したものになります。マンションやオフィスビルなどの収益物件で運用し、その収益物件から得られる収入を投資主に分配しています。保有する収益物件の管理運営は運用会社が行っており、投資主は管理に直接関わることはありません。そのため、空室になった部屋の家賃設定で悩んだり、保有している中古ワンルームマンションの売却時期で悩んだりする必要がないのです。また、上場不動産投資信託は安いものであれば数万円で投資をすることができます。時期を分けて少しずつ買い増しをしていけば、取得価格が平準化されるため、素人でも高値掴みを避けることができます。収益物件はジックリ選び抜きましょう。